© 2018 Suzuki Agency 

ピアニスト・作曲・編曲

鈴木和郎

​Kazuo Suzuki

960年5月24日、大阪市生まれ。ピアニスト、アレンジャー、作曲家。

豊かな感性による繊細かつダイナミックな演奏技術に裏打ちされたピアノを主体にしながらも、ジャンルを越えた独自の音楽世界を展開。

谷村新司、夏木マリ、中島啓江、雪村いづみ、マリーン、麻倉未稀、サーカス、石井聖子、中西保志等のアーティストの音楽監督、楽曲提供及びサポートを始め、コンボからオーケストラまでアレンジできる編曲家として、NHK『ときめき夢サウンド』では準レギュラー、また同局主催による国際音楽祭等でも、スティービー・ワンダーをはじめとするアーティストのオーケストラアレンジも行う。その他、テレビドラマへの音楽の提供、CM音楽のプロデュース、スタジオワーク、ミュージカルの音楽監督、若手シンガーのプロデュースなど、幅広く活躍している。

鈴木和郎HP    http://www.ne.jp/asahi/kazuosuzuki/pianoworld/